ラー油ブームの火付け役って本当?

Posted in: BLOG 1月 25 2019

ラー油ブーム?火付け役?

石垣ペンギンのオーナー 辺銀(ぺんぎん)夫妻。

夫・暁峰は中国・西安生まれ、妻・愛理は日本・東京生まれ。
食べること、料理を作ることが大好きなふたりは「どちらが食事をつくるのか」で
日々キッチンの争奪戦になるほどでした。

 

なぜラー油?

暁峰の出身地・西安では、ラー油は各家庭で手作りされるくらい食卓に欠かせない調味料で、
ふたりは東京在住時からさまざまなオリジナルラー油作りを趣味にしていました。

 

 

1999年、旅行で訪れた石垣島で、豊かな自然や島の文化、優しい人達との出逢いがあり、
なんと3か月後には石垣島へ移住。そこには、島の野菜や香辛料など、はじめて目にするものがたくさんありました。
早速、愛理は夫のために石垣島の食材を使ったラー油作りに挑戦しました。

これが「辺銀食堂の石垣島ラー油」のはじまりです。

 

 

2000年春、イベントに誘われ、初めてラー油をたくさん作って販売しました。
しかし、売れたのは2本だけ。

 

せっかく作ったのだからと、売れ残ったラー油を友人や知人へ送りました。
すると、「具材が入ったラー油」の美味しさが口コミで広まりはじめ、
少しずつ全国から注文の連絡をいただくようになっていきました。

 

photo-1458937622057-056de760b45e

これが「辺銀食堂の石垣島ラー油」の誕生秘話であり、

ラー油ブームの火付け役と言われる所以です。

 

 

夫の喜ぶ顔が見たくて作り始めたラー油は、発売当初と変わらず、現在も心を込めて

ひとつひとつ手作りしています。

 

そして、

石垣ペンギンは、そのラー油の販売拠点として誕生したのです。

 

 

次回は、「ラー油だけではなかった!?」をお届けします。

 

 

◎石垣ペンギン◎

沖縄県石垣市大川192-1 1階

電話番号:0980-82-8777

営業時間:11:00-19:00

定休日 :日曜+不定休

Instagram

https://www.imgrumweb.com/ishigakipengin